働きながら学ぶあなたをサポートする、医療事務通信講座を比較!

HOME » 医療事務通信講座ガイド » ヒューマンアカデミー

ヒューマンアカデミー

医療事務通信講座ヒューマンアカデミーの基本DATA/特徴/口コミ評判を紹介します。

ヒューマンアカデミーの医療事務通信講座の評判

教材の中でも、2冊ある点数表がとても便利です。スピーディに必要箇所を探す場合と、内容をしっかり確認したい場合とで使い分けができるんです。しばらく受験勉強から離れていたのですが、問題を解いているうちに理解も深まって、楽しくなってきました。

こちらの教材は実習編の例題が豊富な点がいいですね。仕事や家事をしながらでも、マイペースで学習できます。メール相談にもすぐに返信してくれるので、自宅学習でもスムーズです。

診療報酬請求事務能力認定試験は合格率が30%前後と聞いていたので、1回では難しいと思っていたのが、見事合格できました。毎日4~5時間かけて猛勉強しましたが、しつこいくらいのメールの質問にも迅速に答えてもらえて、わかるまで学習できたことが大きいです。

医療事務の勉強は点数計算がメインだと思っていたのですが、ヒューマンではそれだけでなく、接客マナーや保険制度、病気や身体のことも習得できたので、本当によかったと思います。

ヒューマンアカデミーの特徴

100%合格保証制度

ヒューマンアカデミーの医療通信講座は、「合格&就職サポートナビDVD」とわかりやすい4冊のテキストが評判!それでも「合格できるかどうか、不安…」と感じる人もいるでしょう。そんな受講者のために、ヒューマンアカデミーは100%合格保証制度を設けています。

たのまな医療通信教材対象となるのは、医療保険士の資格。ヒューマンアカデミーの通信講座を受講中に、中間テストを3回実施。そこで合格ラインの点数を上げた受講者が、医療保険士の資格試験を3回受験しても合格できなかった場合、受講料は全額返金されます。

こうした保障があれば、お金も時間も決して無駄にはなりませんから、安心して勉強に打ち込めますね。また、ほとんどの受講生が3回目までには合格!見事資格を取得しているそうですよ。

独自の奨学金制度を導入

教育訓練給付制度をご存知でしょうか?労働者や離職者が自ら費用を負担して、厚生労働大臣指定の教育訓練講座を受講・修了した場合、経費の一部が支給される制度です。

しかし「通算1年以上雇用保険に加入している」「離職1年以内」など、細かな給付条件があり、利用できない人も多いのが、現状。そこでヒューマンアカデミーは、独自の奨学金制度を導入しました。

  • ヒューマンアカデミーの医療事務給付金制度…学習開始(教材発送日)から、講座の標準学習期間中にすべての添削課題を提出し、かつ定められた基準の成績を収めているすべての受講生に、受講料の20%を還元する

今回紹介している医療事務通信講座の中では、リーズナブルな費用が魅力のヒューマンアカデミーですが、そちらの金額からさらに20%還元があるなんて、うれしい限り。
きちんと勉強して講座を修めれば良いだけなので、勉強にも張り合いが出そうです。

豊富なコースを用意

合格イメージヒューマンアカデミーには、10種類以上の医療事務通信講座が用意されています。中には、医療事務系で唯一の国家認定資格・
診療報酬請求事務能力検定
に対応したコースも。こちらは合格率3割という難関ですが、合格者の6人に1人が、ヒューマンアカデミーの受講者という実績もあるそうです(平成21年のデータ)。

ピンポイントで難易度の高い資格取得を目指す人も、ぜひヒューマンアカデミーの医療通信講座の情報を調べてみることをおすすめします。

DATA

  • 講座名/医療事務講座(合格保証付き)
  • 取得可能資格/医療保険士、2級医療秘書実務能力認定試験、医科2級医療事務実務能力認定試験、診療報酬請求事務能力検定試験
  • 期間/標準学習期間6ヶ月、無料延長6ヶ月
  • 受講料/47,000円(税込)~ 奨学制度あり
  • 合格保証/あり

おすすめ医療事務通信講座リストです

 
医療事務通信講座を徹底比較しました