働きながら学ぶあなたをサポートする、医療事務通信講座を比較!

HOME » 医療事務通信講座ガイド » TERADA医療福祉カレッジ

TERADA医療福祉カレッジ

TERADA医療福祉カレッジの、通信講座の特徴や評判を紹介します。

TERADA医療福祉カレッジの医療事務通信講座の評判

医療事務系の中でも受講料がリーズナブルなので、こちらを選びました。質問への対応もスピーディだったので、安心できます。

通信講座には多少の不安があったのですが、わかりやすいテキストなので、無理なく学習できています。

医療事務通信講座の特徴

TERADA医療福祉カレッジの医療事務通信講座には、以下の3つのポイントがあります。

患者サービスも学べる

医療事務の通信講座というと、レセプトについて学ぶことがメインというイメージがありますが、この講座では接遇マナーや医療制度など、患者サービスに必要となるスキルをバランスよく習得することができます。

担当講師が直接添削

同講座の添削は、機械的なものではなく、担当講師が直接詳細な指導を記入してくれます。単なる添削というより、理解が深まるようなコメントも添えられているので、通信講座でありながら、直接指導を受けているようなやりとりが可能です。

Wライセンス講座を設置

同講座はカリキュラムが幅広いこともあり、資格も医療事務実務士医療秘書管理実務士を合わせて取得可能です。これらは医療福祉情報実務能力協会が認定しているもので、全国統一の在宅試験です。

DATA

  • 講座名/医療事務講座
  • 取得可能資格/医療事務実務士1級・2級、医療秘書管理実務士1級・2級、認定医師秘書
  • 期間/受講期間6ヶ月、無料延長6ヶ月
  • 受講料/39,000円~(税込)
 
医療事務通信講座をランキングしました