働きながら学ぶあなたをサポートする、医療事務通信講座を比較!

HOME » 医療事務資格取得に関するインフォメーション » 資格取得後の就職について

資格取得後の就職について

医療事務資格取得後の、就活について紹介しているぺージです。

就活を見据えた医療事務の講座選びを

医療事務イメージイラストこれから医療事務の資格取得を目指して講座を探そうという方が、念頭に置くべきなのは、「資格取得をすれば、すぐ仕事に就けるわけではない」ということ。

ですから資格取得のために通信講座を選ぶ際、「就転職サポートが充実しているか」も踏まえて、比較検討すべきです。

例えば、医療事務関連の人材派遣会社に登録を斡旋してくれたり、面接や履歴書のノウハウをアドバイスしてくれるところもあります。

また受講内容についても、試験用の知識だけでなく、患者さんへの接し方まで指導してくれるところなら、その分、仕事に就いた時に役立つスキルになりますよ。

就業形態による違いもチェック

医療事務という職種には、正社員/パート/派遣といった就業形態があります。

正社員の一番のメリットは、やはり安定雇用です。初任給は、高卒で約15万円、大卒で約19万円が相場で、これは一般的な事務職と大きな違いはありません。ただし、早朝出勤や残業があったりします。週休は2日制の場合と、1ヶ月に8日休みの4週8休制とがあります。

パートの場合は、時給の相場が850円からスタートする場合が多く、実務経験によっては1,000~1,200円前後になる場合もあります。短時間勤務や時間の都合はつけやすいものの、やはり雇用は不安定ですし、賞与や有給はありません。

派遣の場合、パートよりは時給が高くなります。スキルにもよりますが1,000~1,500円前後といったところです。派遣会社を通じて条件に合った勤務先を選べますし、労使交渉もしてもらえます。ただし、交通費など手当がつかず、契約更新されなければ、その仕事は終了になってしまいます。

医療事務職の展望

高齢者の医療費が社会問題になっている日本で、今後も医療という産業が拡大していくのはほぼ間違いないでしょう。

ここ20年で医療施設は約4万件増えているというデータもありますし、調剤薬局や企業の医療機関など、形態の多用化も進んでいます。IT化するこれからの医療事務に対応できる人材のニーズは、これからますます高まりそうです。

医療事務の資格は、一度取得すれば一生活かせるものですし、全国どこでも役に立ちます。ただし重要なのは、実務経験を多く積むこと。資格を取得したことで満足せず、すぐにでも現場で経験を積むために、積極的に就活することをおすすめします。

 
医療事務通信講座をランキングしました