働きながら学ぶあなたをサポートする、医療事務通信講座を比較!

HOME » 医療事務資格取得に関するインフォメーション » 学習のスタイル

学習のスタイル

医療事務の資格取得を目指す際の勉強方法について紹介します。

通学講座|医療事務資格の勉強法

鉛筆イラスト資格取得を目的とした通学講座は、専門講師の指導を直接受けられるため、短期習得を目指す方に向いています。

受講する時間帯は、平日日中だけでなく、夜間や週末のコースを設定しているところもあるので、ある程度のスケジュール調整は可能だと思います。

ただし、通学できる範囲にスクールが存在していなければ通えませんし、受講料などの学費は、比較的高めに設定されているというデメリットもあります。

通信講座|医療事務資格の勉強法

通信講座は時間と場所の制限を受けないので、仕事を持ちながら資格取得を目指す方や、家事・育児で家を空けづらい主婦には、最も適しています。学費も通学に比べ、安価になっています。

自宅での学習に不安を感じる方もいるかもしれませんが、多くの通信講座は、サポートが充実しています。電話やメールによる質問に、迅速に答えてもらえますし、添削指導でも丁寧なコメントが添えられてきます。

また、映像を盛り込んだDVDや、インタラクティブ性を活かしたインターネット講座を用意しているところもあるほどです。

医療福祉系の専修(専門)学校・短大|医療事務資格の勉強法

医療福祉系の専修学校や短大の中には、専攻によって複数の資格を取得できるところもあります。また専修学校や短大卒業でなければ、受験できない資格も。ちょうど「これから進路を考えよう」という時期に差し掛かっている若者にとっては、もっとも有効な選択肢かもしれません。

ただし、1~3年間学生として通学する必要があるので、ビジネスマンや主婦の方には少々難しいのではないでしょうか。

独学|医療事務資格の勉強法

すでに医療関連の業務に就いている方や、医療福祉系の学校を卒業した方など、実務の経験や知識がある方なら、独学でも資格取得の可能性はあります。もっとも低コストで、マイペースで学習もできるのが大きなメリットです。

一方、初心者やレセプト(診療報酬明細書)作成の経験がない方は、独学だけだと難しいと思います。また、試験の出題傾向や最新動向など、自分で調べるとなると、それなりに手間と時間がかかることは覚えておいてください。

 
医療事務通信講座をランキングしました