働きながら学ぶあなたをサポートする、医療事務通信講座を比較!

HOME » 医療事務資格取得に関するインフォメーション » 活用したい金銭面のサポート

活用したい金銭面のサポート

教育訓練給付制度など、医療事務の資格取得に際して利用できる、金銭的なサポート制度を紹介します。

医療事務の資格取得をサポートする教育訓練給付金

社会人が教育機関にかける費用の一部を支給してくれる、それが教育訓練給付金制度です。

これは厚生労働省が実施しているもので、同省の指定の講座を受講する場合、上限10万円で費用の20%が支給されます。

対象となるのは、初めての場合は雇用期間が1年以上で、2回目の利用は雇用保険が3年以上という条件になっています。

仕事をしながら医療事務の資格を取得しようという方なら、指定講座を受講する際に、利用できる可能性があるので、しっかりチェックしましょう。

支給を受けるには、教育機関の領収書と教育訓練の証明書を受け取り、ハローワークに持参。支給申請する必要があります。

割引制度のある講座も

一方で、独自の割引制度を設定している通信講座もあります。

例えばヒューマンアカデミーの医療事務講座の場合、奨学金制度が設けられており、修了生全員に学費の20%返金を実施しています。

こちらの制度を利用するために、特に制限は設けられておらず、学習開始(教材発送日)から、講座の標準学習期間中にすべての添削課題を提出し、かつ定められた基準の成績を収めていればOKとのこと。

例えばちょうど転職したばかりの人は、雇用期間1年を過ぎなければ教育訓練給付金を受けられませんが、ヒューマンアカデミーの講座を受講すれば、そうした待ち時間を短縮できるのです。

こうしたおトクな制度を導入している講座を選べば、資格取得の負担も軽減されますから、ぜひ活用したいですね。

 
医療事務通信講座をランキングしました